実業公報社トップへ 実業公報社
出版物
印刷物
WEB
お問い合わせ
会社案内
著作権
icon
防災までを共に考える原子力安全−原子力発電所が二度と過酷事故を起こさないために−

防災までを共に考える原子力安全
−原子力発電所が二度と過酷事故を起こさないために−

原子力発電所過酷事故防止検討会編集委員会 著

文庫本 147頁 本体価格:1,000円(税別)
科学技術の評価と行革 表紙 
目次
  • 発刊にあたって
  • まえがき
  • 要旨
  • はじめに
  • 1 リスク情報の活用とリスク理解の促進
    • 1・1 リスクの理解
    • 1・2 リスク評価の必要性
  • 2 リスク評価の活用と包括的リスクマネジメント
    • 2・1 原子力におけるリスクとは何か
    • 2・2 一般論としての安全分野におけるリスクマネジメント
    • 2・3 原子力発電所のリスク評価の基本
    • 2・4 原子力発電におけるリスク評価の利点と課題
    • 2・5 深層防護と原子力安全
    • 2・6 東京電力福島第一の原子力事故の前後でのリスクの違い
    • 2・7 リスク情報活用にかかわる世界の動向
    • 2・8 リスク評価の役割
  • 3 原子力防災における地方自治体、市民とのリスクの共有
    • 3・1 これまでの原子力防災の状況と福島での課題
    • 3・2 社会におけるリスク理解の現状
    • 3・3 科学的理解を超えて判断が求められる時代のコミュニケーションのあり方
    • 3・4 原子力に求められるコンセンサス形成としてのリスクコミュニケーション
    • 3・5 安全問題の考察
    • 3・6 異なるリスク認知への対応
    • 3・7 社会における危険とリスクの認識の相違
    • 3・8 防災におけるリスク評価の取り組みの提案
  • 4 リスク評価に基づく設計・運用・防災による原子力安全
    • 4・1 過酷事故防止の提言と対応
    • 4・2 防災へのリスク分析・評価の適用
    • 4・3 防災までを共に考える原子力安全
    • 4・4 まとめ−リスク評価がなぜ重要なのか
  • おわりに
  • 付録1 リスクの考え方と安全と安心の違い
  • 付録2 リスクと深層防護
  • 付録3 リスクとリスク低減の実態
  • 参考文献
  • 用語説明等
    • @略語
    • A用語説明
Copyright 2002-2011 Jitsugyo-koho Co.,Ltd. All rights reserved.