実業公報社トップへ 実業公報社
出版物
印刷物
WEB
お問い合わせ
会社案内
著作権
icon
イノベーションと科学館
−8K科学館構想−

イノベーションと科学館−8K科学館構想−

國谷 実 著

文庫本 213頁 本体価格:1,000円(税別)
科学技術の評価と行革 表紙 
科学館は現在三重苦の状況におかれていると言われている。1.施設や展示物は昭和50年代をピークに設置されたものが多くこれらが現在かなり老朽化している。一方、厳しい財政状況の中で運営費や改修費も削減され、2.老朽化に対する改修・リニューアルの予算確保も困難となっている。また、3.科学館の機能を発揮するための人材の確保も十分でない。
 その結果、科学館の集客力は低迷しており、科学館の存在意義が低下するとともに、入館料などの自己収入も減少するという悪循環に陥っている。こうした負の連鎖から脱却するためには、何らかの政策的な転換が求められるだろう。しかしどのような政策転換で、科学館の危機は解決するであろうか。

目次
  • はじめに
  • 第一部 科学館の歴史
    • 第一章 科学館とは何か
      • 一.社会教育の体系から見て
        • (一)博物館法による博物館
        • (二)博物館の分類
      • 二.科学技術政策の体系から見て
        • (一)科学技術政策(科学技術基本計画等)の体系
        • (二)第五期基本計画への道
    • 第二章 博物館の近代史
      • (一)博物館関連施策の推移
      • (二)所管官署から見た博物館
      • (三)広義の博物館の分類
      • (四)イノベーションから見た博物館
    • 第三章 イノベーションと博物館(事例)
      • 一.殖産博物館・殖産博覧会
        • (一)殖産博物館の展開
        • (二)殖産博覧会の展開
        • (三)殖産に関する諸施策
        • (四)まとめ
      • 二.博物館の社会化
        • (一)通俗教育と特別展覧会
        • (二)災害防止(安全第一)
        • (三)生活改善
        • (四)まとめ
  • 第二部 科学館の未来
    • 第一章 科学館の問題
      • (一)科学館アンケート調査の概要
      • (二)具体的回答
    • 第二章 イノベーション型科学館の可能性
      • (一)8Kスーパーハイビジョンシステム(SHS)の提案
      • (二)8Kスーパーハイビジョンシステムに関する専門家からの意見聴取
      • (三)科学館への特別アンケート調査とその結果
      • (四)まとめ
  • 第三部 インタビュー(二〇一六年七月)
    • 一.毛利衛日本科学未来館館長
    • 「進化する科学館 先を見通す実験的な取り組みで課題解決へ」
    • 二.藤澤秀一NHKエンジニアリングシステム理事長
    • 「8K科学館の可能性」
  • おわりに
Copyright 2002-2011 Jitsugyo-koho Co.,Ltd. All rights reserved.