実業公報社トップへ 実業公報社
出版物
印刷物
WEB
お問い合わせ
会社案内
著作権
icon
皆で考える原子力発電のリスクと安全−原子力発電所が二度と過酷事故を起こさないために−

皆で考える原子力発電のリスクと安全
−原子力発電所が二度と過酷事故を起こさないために−

原子力発電所過酷事故防止検討会編集委員会 著

文庫本 177頁 本体価格:1,000円(税別)
皆で考える原子力発電のリスクと安全 表紙 
目次
  • 発刊にあたって
  • まえがき
  • 要旨
  • はじめに
  • 1.安全と安心
  • 2.原子力のリスク
    • 2・1 「原子力のリスク」とはなにか
    • 2・2 原子力利用の安全目標
      • 2・2・1 わが国の原子力規制の安全目標
      • 2・2・2 運用における安全の考え方
      • 2・2・3 学術界における安全の考え方
      • 2・2・4 社会が決める安全目標と規制機関、事業者の役割
    • 2・3 安全目標に対応する性能目標を定める技術的方法
    • 2・4 深層防護の考え方と原子力安全の確保
  • 3.リスク論
    • 3・1 リスク論とリスク認識
    • 3・2 確率論的リスク評価(PRA)とは
    • 3・3 決定論的手法と確率論的手法の相違
    • 3・4 原子力発電におけるリスク評価の利点と課題
  • 4.ハザードへの対応
    • 4・1 ハザードとはなにか
      • 4・1・1 ハザードの分類
      • 4・1・2 地震動ハザード
      • 4・1・3 断層変位ハザード
    • 4・2 機能喪失の耐性評価−フラジリティ評価と事故シーケンス評価の考え方
    • 4・3 原子力発電所における事故から原子力災害への進展と対応
  • 5.リスクを扱う法制度
    • 5・1 法律へのリスク導入の課題
    • 5・2 原子力の規制法での安全の議論
      • 5・2・1 法の基本的構造
      • 5・2・2 安全規制における国と民間の責任分担
      • 5・2・3 透明性の確保
      • 5・2・4 規制システムの態様
  • 6.許容される社会リスク
    • 6・1 社会でのリスク理解とリスク回避
    • 6・2 社会リスクの課題
    • 6・3 リスクの理解とリスク回避
    • 6・4 社会での安全の理解と原子力に期待する安全の在り方
  • 7.提言
  • 用語説明等
  • 参考資料
    • 1.リスク評価における不確かさの扱いについて
    • 2.断層のずれの特徴
    • 3.レジリエンスの基本概念
    • 4.レジリエンスの視点での社会のリスク回避
  • コラム
    • 自然災害のリスクと原子力発電のリスク
    • 科学的リスク
    • 社会リスク
    • 1Bq、100TBq、福島第一事故では
    • ベクレルとシーベルト、放射線被ばく
    • 東京電力福島第一原子力発電所の事故の概要
    • 米国におけるBWR−4プラントの事故評価例 (NUREG-1150より)
    • 原子力災害対策指針への福島第一事故の教訓の反映
    • 文化の柔軟性とレジリエンス(Resilience)の基本概念
Copyright 2002-2011 Jitsugyo-koho Co.,Ltd. All rights reserved.