実業公報社トップへ 実業公報社
出版物
印刷物
WEB
お問い合わせ
リンク
会社案内
著作権
妙高火山群―多世代火山のライフヒストリー―
詳細
ご購入・お問い合わせについて

妙高火山群―多世代火山のライフヒストリー―

早津賢二著
(第24回秩父宮記念学術賞受賞)

A4版、438頁、カラー口絵16頁、上製本(ケース入)
定価6,000円(税別)

著者の40年以上にわたるフィールドワークを主体とした妙高火山群研究の集大成。妙高の各火山について、研究史・地形・地質・活動史などを詳述し、妙高火山群の抱える様々な問題について700点の図、写真を入れ整理しています。

妙高火山群―多世代火山のライフヒストリー―  
妙高火山群―多世代火山のライフヒストリー―[内容]

まえがき
T章 序論
 1.妙高火山群
 2.北部フォッサマグナの地質と構造
 3.北部フォッサマグナの地史
 4.調査方法と用語

U章 妙高火山−典型的な多世代火山−
 A.研究史
  1.山崎直方(1895)の研究
  2.1960年代までの研究
  3.最近(1970年以降)の研究
 B.地形
  1.概要
  2.火山体の傾動
  3.火打山周辺の“氷河地形”
  4.妙高北東山麓の変動地形
 C.地質記載・層序・活動史
  1.基盤
  2.第T活動期の活動とその噴出物
  3.第U活動期の活動とその噴出物
  4.第V活動期の活動とその噴出物
  5.第W活動期の活動とその噴出物
 D.妙高火山の層序・発達史のまとめ
 E.妙高火山の泥流災害
  1.1978年白田切川の泥流災害
  2.1971年白田切川の泥流災害
  3.1957年南地獄谷の土砂崩れ災害
  4.1914年大田切川の泥流災害
  5.記録に残るその他の土砂災害
  6.最近発生した小規模な泥流
  7.妙高火山における泥流発生の歴史
 F.今後の活動予測
  1.第W活動期の今後
  2.“第X活動期”の可能性
 G.今後の問題

V章 新潟焼山火山−日本最新の複成火山−
 A.研究史
 B.地 形
 C.地質記載
  1.基盤
  2.焼山火山
 D.焼山火山岩類の層序
 E.噴火に関する記録
 F.焼山火山の活動史
  1.先史時代(第1期・第2期)の活動
  2.平安時代(第3期)の活動
  3.中世中頃(第4期)の活動
  4.近年(第5期)の活動
 G.焼山の噴火の特徴と火山災害
  1.噴火活動の推移
  2.噴火の特徴
  3.過去の災害
  4.今後予想される災害
  5.焼山の防災マップ
 H.今後の問題

W章 黒姫火山−若い地形を示す3世代成層火山−
 A.研究史
 B.地 形
 C.地質記載
  1.基盤
  2.黒姫火山
 D.黒姫火山岩類の層序
 E.黒姫火山の発達史
 F.今後の問題

X章 飯縄(綱)火山−晩年に軽石噴火をくり返した火山−
 A.研究史
 B.地形
 C.地質記載
  1.基盤
  2.飯縄火山
D.飯縄火山岩類の層序
 E.飯縄火山の発達史
 F.今後の問題

Y章 斑尾火山−開析の進んだ古い成層火山−
 A.研究史
 B.地形
 C.地質記載
  1.基盤
  2.斑尾火山
 D.斑尾火山岩類の層序と分布
 E.今後の問題

Z章 単成小火山および貫入岩体
  1.髻山火山
  2.三千寺火山
  3.狢郷路貫入岩体
  4.容雅山火山岩類
  5.岩高山火山岩類

[章 妙高火山群テフラ地域のテフラ層(早津賢二・新井房夫)
 A.方法
 B.指標テフラ層の記載
  1.最新世のテフラ層
  2.完新世のテフラ層
 C.テフラ層の年代
  1.完新世のテフラ層の年代
  2.最新世のテフラ層の年代
 D.テフラ層と火山体との関係
  1.妙高火山の形成史とテフラ層
  2.新潟焼山火山の形成史とテフラ層
  3.黒姫火山の形成史とテフラ層
  4.飯縄火山の形成史とテフラ層
 E.テフラ累層中に見られる埋没土壌層
 F.妙高火山群テフラ地域における遠来テフラ層の産状
G.非火山性第四系とテフラ層との関係
  1.高田平野の愛の風層・平山層・潟町砂層
  2.信濃川中流域(新潟県津南町付近)の段丘群
  3.信濃川下流域(新潟県小千谷市付近)の段丘群
  4.火山群山麓の湖成堆積物

\章 火山噴出物と考古遺物との層位関係(早津賢二・小島正巳)
 A.妙高火山群テフラ地域の旧石器時代遺跡
  1.野尻湖とその周辺の遺跡
  2.信濃川流域の遺跡
  3.妙高火山山麓の遺跡
 B.妙高火山山麓の縄文時代以降の遺跡
  1.赤倉火砕流堆積物との層位関係
  2.大田切川火砕流堆積物との層位関係
  3.田口岩屑なだれ堆積物との層位関係
  4.その他の噴出物との層位関係
 C.焼山火山の噴出物と考古遺物
  1.糸魚川市立ノ内遺跡
  2.糸魚川市岩倉遺跡
  3.焼山−高谷池火山灰層グループc(YK-KGc)と遺跡
  4.焼山−高谷池火山灰層グループb(YK-KGb)と遺跡
 D.地震活動の痕跡を残す遺跡
  1.飯山市東原遺跡
  2.飯山市太子林遺跡
  3.上越市用言寺遺跡
 E.その他の遺跡

]章 妙高火山群の岩石の概要
 A.鉱物組成
  1.鉱物組み合わせ
  2.ピジョン輝石質岩系とシソ輝石質岩系
  3.N型岩石とR型岩石
 B.主成分元素組成
  1.玄武岩・安山岩・デイサイト
  2.主成分元素のハーカー図
  3.Na2O+K2O−SiO2図
  4.FeOtotal/MgO−SiO2図
  5.AMF図
 C.微量元素組成

XI章 妙高火山群のライフヒストリーに関するまとめと問題点
 A.多世代火山
  1.多世代火山の定義
  2.妙高火山群の多世代火山
  3.多世代火山の普遍性
  4.多世代火山研究の意義
 B.成層火山の成長史
  1.一火山サイクルの活動にみられる規則性
2.単位時間あたりの噴出量(噴出率・噴出速度)
3.火山体の大規模崩壊
 C.火山の配列
 D.妙高火山群の活動年代
  1.多世代火山の間の活動関係
  2.火山サイクル(世代)の間の活動関係
  3.単成火山の活動年代
  4.中部日本の第四紀火山との活動関係
E.妙高火山群の初生マグマ
  1.多世代火山間のマグマ関係
  2.多世代火山を構成する各世代の間のマグマ関係
F.妙高火山−第V活動期・第W活動期の初期にみられる珪長質マグマの噴出
 G.多世代火山の一代目に玄武岩が産出しない理由
 H.“マグマ混交(magma mixing)”モデルの検討
  1.“マグマ混交(magma mixing)”
  2.妙高火山群の形成史とマグマ混交
  3.混交端成分マグマの活動様式の問題
  4.R型岩石中の包有物
  5.妙高火山−第W活動期初期の玄武岩質マグマとデイサイト質マグマの同時噴出
 I.火山層序を編む方法
  1.火山層序学的方法
  2.地形学的方法
  3.火山灰層序学的方法
  4.地質年代学による方法
 J.その他の問題
  1.火山間の噴火様式の違い
  2.暗色包有物の成因
  3.灰長石メガクリスト(“灰長石大晶”)の成因

再録
・小林国夫先生のこと
・河内晋平さん−師・先輩そして友としての−

付表1.妙高火山群のK-Ar年代
付表2.妙高火山群の岩石の全岩化学分析値
付表3.妙高火山群周辺の火山岩の全岩化学分析値
付表4.妙高火山群の標準岩石試料

文献

あとがき

Copyright 2002-2011 Jitsugyo-koho Co.,Ltd. All rights reserved.