実業公報社トップへ 実業公報社
出版物
印刷物
WEB
お問い合わせ
リンク
会社案内
著作権
アンスケア ご案内
詳細
ご購入・お問い合わせについて

1.
UNSCEAR 1988 Report to the General Assembly, with Scientific Annexes,
"SOURCES, EFFECTS AND RISKS OF IONIZING RADIATION"


「放射線の線源、影響及びリスク」
原子放射線の影響に関する国連科学委員会総会への1988年報告書 附属書付

放射線医学総合研究所 監訳 1990年3月
定価(本体60,195円+税)
放射線の線源、影響及びリスク
A.自然放射線源からの被曝
B.原子力発電からの被曝
C.放射線の医学利用による被曝
D.チェルノブイリ事故からの被曝
E.遺伝的障害
F.ヒトにおける放射線発癌
G.高線量放射線によるヒトの早期効果
 補遺:チェルノブイリ原子力発電所事故犠牲者における急性放射線効果

2.
UNSCEAR 1993 Report to the General Assembly, with Scientific Annexes,
"SOURCES AND EFFECTS OF IONIZING RADIATION"

「放射線の線源と影響」
原子放射線の影響に関する国連科学委員会の総会に対する1993年報告書 附属書付


放射線医学総合研究所 監訳 1995年10月
定価(本体56,311円+税)
放射線の線源と影響
A.自然放射線源からの被曝
B.人工放射線による被曝
C.医療被曝
D.職業上の放射線被曝
E.放射線発がんの機構
F.放射線の確率的影響に及ぼす線量および線量率の影響
G.放射線の遺伝的影響
H.発生中のヒトの脳への放射線の影響
I.小児における晩発性確定的影響

3.
UNSCEAR 1994 Report to the General Assembly, with Scientific Annexes,
"SOURCES AND EFFECTS OF IONIZING RADIATION"

「放射線の線源と影響」
原子放射線の影響に関する国連科学委員会の総会に対する1994年報告書 附属書付


放射線医学総合研究所 監訳 1996年8月
定価(本体17,476円+税)
放射線の線源と影響
A.放射線発癌の疫学的研究
B.細胞および生物における放射線に対する適応応答

4.
UNSCEAR 2000 Report to the General Assembly, with Scientific Annexes,
"SOURCES AND EFFECTS OF IONIZING RADIATION"


「放射線の線源と影響」
原子放射線の影響に関する国連科学委員会の総会に対する2000年報告書 附属書付
(上下巻 上/線源、下/影響)

独立行政法人 放射線医学総合研究所 監訳 2002年3月
定価(上下セット、本体60,000円+税)

A.線量評価手法
B.自然放射線源からの被ばく
C.人工放射線源による公衆の被ばく
D.医療被ばく
E.職業放射線被ばく
F.DNA修復と突然変異生成
G.低線量放射線の生物学的影響
H.放射線と他の因子の複合影響
I.放射線誘発がんの疫学的評価
J.チェルノブイリ事故の被ばくと影響
放射線の線源と影響/上
放射線の線源と影響/下
5.
UNSCEAR 2001 Report to the General Assembly, with Scientific Annexes,
"HEREDITARY EFFECTS OF RADIATION"


「放射線の遺伝的影響」
原子放射線の影響に関する国連科学委員会の総会に対する2001年報告書 附属書付


独立行政法人 放射線医学総合研究所 監訳 2003年1月
定価(本体13,000円+税)
放射線の遺伝的影響
科学的附属書:放射線の遺伝的影響
T.ヒトゲノム
U.メンデル型疾患
V.多因子性疾患
W.遺伝性疾患の突然変異成分
X.がん素因,放射線感受性及び放射線発がんのリスク
Y.他の関連する研究
Z.遺伝リスクの推定の概念,データ,および分析
[.リスク推定値

Copyright 2002-2011 Jitsugyo-koho Co.,Ltd. All rights reserved.